WonderNotes 可能性を可能にするポータルサイト ワンダーノーツ

光井勇人の「偏差値11からの慶應英語攻略法」

12

『安河内の<新>英語をはじめからていねいに』(1)

2010年06月29日

英語の勉強を今日からはじめようと思った人へ!
英文法を「ゼロ」からもう一度、学ぼうと思った人へ!!
英語が本当に苦手だけど、それでも、受験しようと決めた人へ!!!

僕が浪人時代に直接英語を教えて頂いていた恩師・安河内哲也氏の参考書で『英語をはじめからていねいに』という参考書があります。僕が受験勉強していた時代には、『英語をはじめからていねいに≪上巻』≪下巻≫』という形だったのですが、2009年9月に改訂版が出ました。

『安河内の英語をはじめからていねいに』は1994年の発行以来累計40万部を超えるベストセラーの参考書ですが、今回の改訂では、先生いわく「今の高校生がつまずきやすいポイントを考慮し、より分かりやすい説明」になっているそうです。現在の実用英語を踏まえ、実用的にも暗唱して使える英文になっているとのことです。僕も拝見したんですが、デザインも一新され、≪上巻≫≪下巻≫より見やすく、ビジュアル的にも理解できるようイラストも数多く取り入れられています。各講の最後にあるコラムのような勉強法のアドバイスも今後、英語の勉強をしていくにあたってとても参考になるはずです。 英語が苦手な人には本当にお勧めの本です!!!!!!

安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編 (東進ブックス) 著 安河内哲也

安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編

英語をはじめから勉強したいという人のための講義形式の参考書。超基礎からはじめ、大学受験レベルへとグイグイ引き上げていく。付録のCDには、絶対知っておかなくてはならない、でも、最初を逃せばなかなか復習しづらい、基礎英文法の特別講義を収録。

安河内先生のHP「安河内哲也の勉強天国」に、「よくある質問の広場」というコーナーがあります。そこでは英語学習者の皆さんから頻繁に寄せられる質問に対する安河内先生からの回答を掲載されています。

特に「質問4 大学受験に英文法は必須なのか?」では、英語を勉強するにあたって、英文法の勉強がいかに大事かを改めて考えさせられるので、是非、御一読下さい。

英語を勉強するにあたって、英文法は絶対に、絶対に、避けては通れません。

そのことを、今一度、しっかりと認識したうえで。
「英語をはじめからていねいに」取り組んでいきましょう!!!!!